レイクALSAの借入は収入証明書が必要?借入に必要な書類を紹介

レイクALSAに申し込みを考えている人で、収入証明書が必要か調べている人がこの記事を読んでいるかと思います。

 

レイクALSAで借り入れをするときは、基本的に身分証明書があれば申し込むことができます。

 

基本的には、借入額が50万円を超えたり、他社との合計借入額が100万円を超えたりしていなければ身分証明書だけで大丈夫です。

 

しかし、場合によっては収入証明書が、必要になることもあるので注意をしてください。

 

そこで、収入証明書が必要になるケースについて、あらかじめ確認しておくと安心ですよね。

 

また、収入証明書として提出できる書類は決められていますので、どういったものが対象となっているのかも併せて確認しておきましょう。

レイクALSAの借り入れで収入証明書が必要な場合4つを紹介

レイクALSAの借入れのときに、収入証明書が必要になるケースは次の4つです。

  • 利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • 他社との総額が100万円を超える場合
  • 前回の提出から3年以上たっている場合
  • 増額審査のとき

「えっと・・、レイクALSAで10万円借りたいんだけど大丈夫だよね?」

 

はい!レイクALSAでの借入額が50万円以下であれば大丈夫ですよ!

レイクALSAでの借り入れが50万円を超えた場合や、他社との借入額の総額が100万円を超えた場合は、収入証明書の提出が必要になります。

 

また、以前既に提出していても、3年以上経過している場合は提出する必要があります。

3年のブランクがあると、その間に大幅に年収が減少している可能性があるため、レイクALSAとしては確認をする必要があるからです。

 

年数については貸金業者で差があるものの、カードローンを更新するに当たって、総量規制の関係で確認をしなければいけないからです。

 

他にも、利用限度額の増額審査をするときにも、収入証明書が必要になります。

 

増額するのであれば、それ相応の年収があるかどうか確認する必要があるためです。

 

ここまでで、どのような場合に収入証明書が必要になるのかが分かったと思います。

 

続いては収入証明書として認められている書類には、どのようなものがあるのかについて紹介していきます。

収入証明書として提出できる書類と入手方法

収入証明書として認められている書類には、次のものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知か納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

「源泉徴収票?どこにしまったか忘れちゃったよ!」

 

そうですよね、源泉徴収票は年末調整のときに勤務先からもらうものなので、しまい込んでしまうとどこにあるのか忘れてしまいますよね。

 

ふだん利用するものでもありませんし・・・

 

でも、給与明細書なら毎月もらうものなので準備がしやすいですよね。

 

個人事業主やフリーランスの人は、確定申告書や納税通知書などが必要になりますので、事前に用意しておくと手続きをスムーズにすすめられます。

 

ではそれぞれの書類の入手方法や有効期限についてまとめておきます。

収入証明書類 入手方法 有効期限
源泉徴収票 勤務先から 前年度(直近分)
住民税決定通知/納税通知書 市区町村から発行され勤務先を通じて届く
確定申告書 -
所得証明書 市区町村から発行され、希望により随時取得できる
給与明細書 勤務先

直近2か月分
※直近の賞与明細(取得日より1年以内のもの)がある場合、併せて提出する

また、提出方法によって、原本が必要なのかコピーなどでいいのかが決められていますので、下の図を参考にしてください。

自動契約機 原本の提示
郵送 原本のコピー1部
メール 原本を撮影してファイルを添付して送信
FAX 原本またはコピーの送信

このように、決められた収入証明書を提出することになりますが、その際には注意しなければならないことがありますので、次で紹介していきます。

収入証明書提出の注意点

レイクALSAで収入証明書を提出する際には、以下の3点について注意しましょう。

  • マイナンバーは隠して提出
  • 原本を提出した場合も返却はされない
  • 不鮮明な場合は再提出の可能性もある

マイナンバーカードを提出する場合は、個人番号(マイナンバー)部分が見えないように隠して送信します。

 

また、証明書原本を提出した場合、レイクALSAで電磁ファイルに置き換えた後に破棄しますので、手続き後に返却はされません。

 

さらに、書類が不鮮明な場合は再度提出する必要も出てくるので、二度手間にならないよう鮮明なものを送ることが大切です。

 

以上が収入証明書を提出する際の注意点になりますが、たとえお金を借りるためとはいえ、「収入証明書の準備が面倒だな」と感じた人もいるでしょう。

 

実は、収入証明書の提出をしなくても借り入れできるところがありますので、次章で紹介していきます。

収入証明書の必要がない借入先は「質屋」

収入証明書がない借入先は、ズバリ「質屋」です。

 

「質屋?使ったことないけど、ちょっと怖そう・・・」

 

初めての人はそう思ってしまうのも無理はないですよね。

 

質屋は、利用者から質草を預かり、その担保価値に応じた金額を貸してくれるところです。

 

収入証明書がなくても質草さえあればお金を貸してくれるので、万が一のときにとても助かるところなのです。

 

もちろん、質草をいずれ返してもらいたいのであれば、その分のお金を用意する必要がありますが、返すあてがなくても質草が返ってこないだけで済みます。

 

では、質屋からお金を借りる方法などについて確認していきましょう。

誰でも即日借りられる

質屋はお金を貸すにあたり、収入証明書や在籍確認を行うことはありませんので、専業主婦や学生、無職の人でも利用できます。

 

また、質草を預けると同時にお金を貸してもらえるので、「今すぐお金が必要!」と言った場合でも即日お金を借りることができます。

質屋利用時の注意点

質屋に持ち込める質草は、どんなものでもいいというわけではありません。

 

ブランド品の時計やバッグ、パソコンやカメラなど、貴金属などが質草として扱われることが多いです。

 

換金できないようなものですと借入希望額に達しない可能性があります。

 

また、収入証明書は必要ないと紹介しましたが、身分証明書は必要になりますので、運転免許証やパスポートなどを忘れずに持参してください。

Webで最短60分融資も可能!レイクALSAの最短即日融資は3通り!

レイクALSA即日融資

平日・土曜21時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
平日21時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

日曜日18時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
日曜日18時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

振込可能時間外
翌営業日9時以降にすぐ出金
ネット申し込みでレイクALSA翌営業日9時以降にお金を借りられます


※振込時間は一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます


\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら

はじめてならWEBで申込むと

60日間特典あり!

※30日間、180日間のそれぞれの特典との併用不可 ※契約額が1〜200万円の方 ※初回契約翌日から特典適用 ※特典期間経過後は通常金利が適用

レイクALSA貸付条件

融資額 1万円〜500万円
貸付利率 4.5%〜18.0%
利用対象者 満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得している方)・自分のメールアドレスを持っている
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 最長8年、最大96回(カードローンは最長5年、最大60回)
担保・保証人 不要