レイクALSAで10万借りるときの返済額はどれくらい?利息を抑える方法も紹介

この記事を見ている人は、レイクALSAで10万円を借りようと考えている人が多いと思います。

 

レイクALSAは、WEBや無人契約機から簡単に申し込めるので、お金が足りないときの強い味方となってくれます。

でもね、ちゃんと返済していけるかどうか、ちょっと不安なんだ・・・。利息も怖いしな〜。

うんうん、その気持ちよく分かりますよ!

 

返済は毎月しなくてはならないし、消費者金融の金利は高いというイメージがありますもんね。

 

返済ができなくなって、借金取りに追われる生活なんて想像してしまったら、不安になりますよね。

 

でも、レイクALSAでは2種類の選べる「無利息期間サービス」を展開しているので、これらを上手に利用すれば支払う利息を大幅に減らすことができるんです。

 

では、仮に10万円借りたときの返済額はどれくらいになるのでしょうか。

 

利息を少しでも減らす方法を紹介しながら、返済額について解説します。

レイクALSAの最低返済額を確認

まずはレイクALSAの最低返済額を確認することから解説を始めていきます。

 

最低返済額とは、毎月の返済期日までに払わなければならない金額のことで、ミニマムペイントとも呼ばれます。

ん〜。つまり、最低これだけは返済しなくちゃならない金額ってこと?

そうですね。

 

最低返済額での返済を続けると利息は高くなってしまいますが、毎月の負担を最小限に抑えることができることはメリットです。

 

なお、レイクの最低返済額は限度額によって決まり、限度額が10万円の場合は4,000円です。

 

学生アルバイトなどであっても、余裕を持って返済することができる金額に設定されています。

レイクALSAは元利定額リボルビング方式

レイクALSAの返済方式は元利定額リボルビング方式です。

元利定額とは、元金と利息の合計を一定にして返済する方式です。

 

利息に関係なく返済金額が一定となるので、返済金額が分かりやすいというメリットがある反面、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

また、リボルビングとは限度額までなら何度でも借入ができるシステムです。

 

追加で借入が必要になったときでも、審査を受ける必要がないので急な出費があっても安心です。

月々の最低返済額早見表

限度額に応じた返済額を一覧表にまとめておきます。返済計画を立てるときの参考にしてください。

限度額 返済額
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 12,000円
40万円 12,000円
50万円 14,000円
60万円 16,000円
70万円 19,000円
80万円 21,000円
90万円 24,000円
100万円 27,000円
110万円 32,000円
120万円 32,000円
130万円 37,000円
140万円 37,000円
150万円 42,000円
160万円 42,000円
170万円 47,000円
180万円 47,000円
190万円 53,000円
200万円 53,000円

Webで最短60分融資も可能!レイクALSAの最短即日融資は3通り!

レイクALSA即日融資

平日・土曜21時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
平日21時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

日曜日18時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
日曜日18時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

振込可能時間外
翌営業日9時以降にすぐ出金
ネット申し込みでレイクALSA翌営業日9時以降にお金を借りられます


※振込時間は一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます


\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら

はじめてならWEBで申込むと

60日間特典あり!

※30日間、180日間のそれぞれの特典との併用不可 ※契約額が1〜200万円の方 ※初回契約翌日から特典適用 ※特典期間経過後は通常金利が適用

レイクALSA貸付条件

融資額 1万円〜500万円
貸付利率 4.5%〜18.0%
利用対象者 満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得している方)・自分のメールアドレスを持っている
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 最長8年、最大96回(カードローンは最長5年、最大60回)
担保・保証人 不要

10万円借りた場合の利息の求め方

それでは実際に10万円借りたときの利息を求めてみましょう。

 

計算式が分かれば計算することは難しいことではありません。

あの〜。公式とか計算とか、ちょっと無理なんですけど・・・。

分かります!

 

計算式見た瞬間、頭が真っ白になってしまいますよね。わたしも数字が苦手なんです・・・

 

当サイトの管理人も、最初はちょっと拒否反応がでましたが、一度ちゃんと見てみるとそんなに難しくないことが分かりましたよ!

 

でも、手間がかかっていやだという人は、レイクALSAの公式ホームページでシミュレーションすることもおすすめです。

 

自力で計算する必要はありませんが、利息がどのように計算されるのを知ることで利息を抑える方法も簡単に理解できるようになります。

返済総額から見た利息の割合

まず、利息を計算するときに金利を使うということは、ほとんどの人が分かっていると思います。

 

確かに、金利は利息を決めるための割合ですが、単純に金利をかけただけで利息が分かるわけではありません。

例えば、100万円を金利10%で借りたとしましょう。

 

これを50か月で返済した場合の返済総額は、1,226,834万円になります。

 

また、80か月で返済した場合には1,374,062円です。

これらから、利息は金利の10%をはるかに超えていることになります。

 

また、返済期間が長くなると返済総額も膨らんでいくことが分かります。

 

つまり、利息の計算は金利だけでなく返済期間にも影響されるということです。

利息総額の算出法と例

では、具体的な利息総額の計算方法を紹介します。

 

レイクALSAの場合は元利定額ですので、返済額のうち利息分の差し引いた分が元金の返済に充てられます。

 

分かりにくいと思うので、具体的な数字を使って説明していきましょう。

借入金額 30万円
金利 年12.0%
最低返済額 1万円

30万円を金利年12%で借りた場合で、最低返済額は1万円で考えていきます。 

 

まず、金利年12%とは、一年間ずっと借りていたら12%分の利息が発生するという意味です。

 

1年は365日ですので、1年分の利息を365日で割ると1日分の利息になります。

 

1か月は30日と31日の月があるのですが、31日で計算すると安心して利息を準備することができるでしょう。

まず、30万円を1か月借りると、次のような利息になります。

 

300,000×12%÷365×31=3,058円。

毎月の返済額は1万円ですので、利息の支払い分を除いた元金の返済は6,942円です。

 

したがって、借入残高は293,058円になります。

 

次の返済日までは、293,058円に対して12%の金利がかかるので、また同じような計算をします。

 

293,058×12%÷365×31=2,987円

 

利息は2,987円で元金の返済額は7,013円です。

 

すると、借入残高は、290,071円に減ります。

 

この計算を繰り返して、借入残高が0円になったときまでに発生した利息を合計すると利息総額を算出することができるのです。

 

エクセルなどを使うと自力で計算することができますが、各金融機関のホームページにあるシミュレーションを使うのが早いのでおすすめです。

利息総額と月々の返済額

利息は借入金額が大きいほど、また借入期間が長いほど大きくなります。

毎月の返済額が少ないと、元金がなかなか減らなくて借入期間も長くなるので、利息の総支払い額が大きくなってしまうのです。

少しでも利息を減らすためには、余裕がある月だけでも多めに返済することです。

 

ボーナス月などは積極的に最低返済額以上の返済を行うことを心がけてください。

 

また、支出を見直して返済に回すこともおすすめです。

 

さて次からは、先ほど紹介したレイクALSAの無利息期間サービスについて説明していきます。

 

お得に利用するためにも、内容をしっかり理解しておきましょう。

レイクには無利息サービスが2種類ある

アイフルやアコムなど無利息サービスがある消費者金融は幾つかありますが、レイクは2種類の無利息期間がある珍しい金融機関です。

 

その無利息サービスとは次のふたつです。

  1. 30日間無利息(WEB限定で60日間無利息)
  2. 5万円まで180日間無利

おぉ〜!180日間ってほぼ6か月だよね!すごくない?

 

うんうん、そうですよね!

 

約半年もの間無利息サービスを受けられるなんてうれしいですよね!

でも、どっちを選べばいいのか迷っちゃうよ〜。

そうなんですよ、どっちがお得なのかちょっと見ただけじゃ分からないですよね。

 

そこで、ふたつの無利息サービスについて詳しく紹介するとともに、どちらを選べばいいのか決めるポイントを紹介しますので、じっくりと考えてみてください。

【1】30日間無利息(WEB限定で60日間無利息)

30日間無利息サービスでは、レイクと契約をした翌日から30日間が無利息となります。

 

借入金額などに特に制限が設けられているわけではないので、誰でも利用できる無利息期間です。

 

注意しなければならないポイントは、借入をした翌日から30日間ではないということです。

 

契約してから30日となりますので、契約後に借入を行わずにいるとせっかくの無利息期間が無駄になってしまいます。

 

レイクALSAは即日融資に対応してくれますので、お金が必要になる直前に契約することが利息を少なくするコツです。

 

なお、インターネットからの申し込み限定で、限度額は200万円までという制限付きで無利息期間を60日間にすることができます。

 

無利息期間は長いと得ですので、インターネットからの申し込みがおすすめです。

【2】5万円まで180日間無利息

180日間の無利息期間は借入金額が5万円までという制限があります。

 

また、限度額が20万円以上でなければ利用できません。

 

少額借り入れの場合には180日間無利息を選択するのがおすすめです。

 

なお、無利息期間中に10万円借りた場合には、5万円分差し引いた残りの5万円にだけ利息が発生します。

 

5万円を少し超える程度ならほとんど利息が発生しないのは魅力的だと言えます。

どちらを利用すればいいか迷うとき

レイクの2種類の無利息期間はどちらにもメリットがあるため、選ぶことができないという人もいるかも知れません。

 

そんな人のために、選ぶときの基準を紹介します。

 

ただし、これが正解というわけではなく、飽くまでも一例となりますので、どうしても選べないとう人は参考にしてください。

ふたつの無利息期間の大きな違いは、5万円の制限があるかどうかと期間の長さになります。

単純に利息がかからないようにするという点では、5万円以上の借入をする場合は30日を選択することがおすすめです。

 

5万円を大きく超える場合には、180日で返済できるとは限りません。結局は利息がかかってしまうので、5万円を基準にするとよいでしょう。

 

もうひとつの選択基準として、5万円を再度借入する可能性があるかどうかです。

 

まとまった金額を借りる予定はなくて、数万円程度の借入を180日間の間に数回は借り入れるかもしれない場合には180日を選択することがおすすめです。

無利息期間 契約額 備考
60日間無利息

【Web限定!】

1万〜200万 全額
180日間無利息 1万〜200万 5万円分まで
30日間無利息 1万〜500万 全額

※60日間無利息、5万円まで180日間無利息、30日間無利息の併用はできません ※レイクALSAで初めて契約する方が対象 ※無利息開始日は契約日の翌日からとなります ※Web以外の自動契約機や電話で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます ※契約額が200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能 ※無利息期間経過後は通常金利適用


無利息期間を利用する場合の注意点

無利息期間を上手に活用することで銀行カードローンよりも少ない利息で借りることができますが、利用する場合には幾つかの注意点が存在します。

 

既に紹介しているように、契約日の次の日から無利息期間が始まることも注意点のひとつです。

 

ほかにも、次のような注意点があります。

  • 無利息期間以内に完済しないと利息が発生する
  • 対象となるのはレイクを利用するのが初めての人
  • 2種類の無利息サービスは併用できない

あっ!やっぱり、ふたつを併用するのはダメなんだね!あわよくば・・・って考えてたんだけど・・・。

 

そうなんです!

 

残念ながらふたつとも利用することはできないんです。

ほかにも、無利息期間はレイクALSAを初めて利用する人限定ですし、無利息期間を過ぎると通常通り利息が発生する点にも注意が必要です。

それでは、注意点について詳しく見ていきましょう。

無利息期間以内に完済しないと利息が発生

無利息だからと言っても、それは飽くまでも期間内に限ったことです。

 

無利息期間が終わった次の日から利息が発生するので、利息は払いたくないのであれば、無利息期間内に完済しなければなりません。

 

なお、無利息期間内に完済できなかったとしても、できるだけ多く返済をしておけば利息を減らすことができます。

 

お得に利用するには、支出を減らして返済に回すことを心がけることがおすすめです。

レイクを利用するのが初めての人が対象

無利息期間を利用できるのは初めてレイクを利用する人です。

 

以前レイクALSAと契約を結んだことがある人は対象外になるので注意してください。

 

初めての人に限定しなければ、契約と解約を繰り返せば何度でも無利息で利用できることになってしまい、レイクALSAにとってマイナスとなってしまうためです。

2種類の無利息サービスは併用できない

どちらの無利息サービスも魅力的ですが、必ずどちらかを選ばなければなりません。

 

30日の無利息期間が終わったら、あと150日は5万円分の無利息期間に変更するなどはできません。

 

どちらを選べばよりお得か、申込み前にしっかりシミュレーションすることをおすすめします。

無利息期間内に完済しない場合の利息を説明

それでは、無利息期間内に完済できなかった場合の利息について説明しておきます。

あ、あの、分かりやすくお願いします・・・!

そうですね、できるだけ分かりやすく説明しますので、がんばって読みすすめてみてくださいね。

30日間無利息を利用した場合

まず、30日間の場合ですが、30日を選択したということは少なくとも5万円以上の借入をしているはずです。

 

場合によっては数十万円の借入をしているかも知れません。

 

この場合、無利息期間が終わった次の日から借金完済まで、ずっと利息が発生していきます。

 

例えば、10万円の借入をして、30日間で6万円の返済を行ったとしましょう。

 

すると、残高は4万円ですから、まずは無利息期間が終わってから返済日までの日数に応じた利息が発生します。

 

その後は、返済日までの30日もしくは31日間分の利息が完済まで続くというイメージです。

180日間無利息を利用した場合

次に180日間を選択した場合ですが、こちらを選択した場合には5万円前後の借入を行っているケースが多いと思います。

 

あまり高額な借入はしていないので、無利息期間内にほとんど返済が終わっているケースが多いかも知れません。

 

例えば、限度額20万円の場合には最低返済額は8,000円ですので、180日間で6回の返済を行ったとすれば48,000円は返済が終わっていることになります。

 

5万円を借りた場合、残りの2,000円に対して利息がかかるだけなので、ほとんど利息は発生しないでしょう。

 

このように、ほとんど返済が終わっている場合には返済期日を待たずに返済することで、さらに利息を減らすことができます。

 

追加で借入をした場合には、それなりに残高があるかも知れませんが、無利息期間が終わったら一括返済を検討することをおすすめします。

他社と比べて返済額と利息は大きい?

2種類の無利息期間が魅力的なレイクALSAですが、他の大手消費者金融と比べると返済額や利息は大きくなるのでしょうか。

確かに・・・。他の消費者金融よりもお得になるのか気になるよね。

そうですよね!

 

借りる人の条件によって一概には言えませんが、ひとつの例として比較してみましょう。

 

ここでは、限度額が10万円のときの最低返済額や金利を一覧にまとめますので、カードローンを選ぶときの参考にしてください。

消費者金融名 最低返済額 上限金利 無利息サービス
レイクALSA 4,000円 18.0% 30日・180日
プロミス 4,000円 17.8% 30日
アイフル 4,000円 18.0% 30日
アコム 3,000円 18.0% 30日
モビット 4,000円 18.0% なし

大手消費者金融を一覧にまとめましたが、表から分かるように基本的なスペックはあまり差がありません。

 

そう考えると、レイクALSAの選べる無利息サービスは魅力的だと考えられます。

Webで最短60分融資も可能!レイクALSAの最短即日融資は3通り!

レイクALSA即日融資

平日・土曜21時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
平日21時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

日曜日18時まで
最短で即日振込み!Webで最短60分で融資可能
日曜日18時までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中に振込みが可能です。

レイクALSA即日融資

振込可能時間外
翌営業日9時以降にすぐ出金
ネット申し込みでレイクALSA翌営業日9時以降にお金を借りられます


※振込時間は一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます


\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら

はじめてならWEBで申込むと

60日間特典あり!

※30日間、180日間のそれぞれの特典との併用不可 ※契約額が1〜200万円の方 ※初回契約翌日から特典適用 ※特典期間経過後は通常金利が適用

レイクALSA貸付条件

融資額 1万円〜500万円
貸付利率 4.5%〜18.0%
利用対象者 満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得している方)・自分のメールアドレスを持っている
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 最長8年、最大96回(カードローンは最長5年、最大60回)
担保・保証人 不要